貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

自分の気持ちと彼の気持ちは違う

たしかに、大好きな彼に「距離を置こう」「別れたい」などと言われれば、パニックに陥りますし、自分のことしか考えなくなる人がほとんどなのも事実です。

 

「どうにかしてよりを戻したい」「自分の悪いところさえ無ければ絶対戻ってきてくれるはず」「忙しかったせいですれ違って別れることになったのだから、余裕が持てるようになればまた付き合える」そう思うのも無理はありません。

 

ですが、それはあくまでも貴女自身の気持ちであって、貴女だけの考えです。

 

もし「復縁したい」と彼に言ってしまったり気付かれてしまったりすれば、貴女は彼に「自分さえよければ、俺の気持ちは考えてくれない人なんだなあ」と思われてしまいます。

 

先に例として挙げた言葉で言えば、「何で距離を置かなきゃいけないの?」と彼は言われれば「おまえの都合だけでいつも考えているんだな」と感じてしまいます。

 

「そんなに私といるのが嫌なの?」なんて聞かれようものなら「別れたい理由はそこだよ、そんな質問されるから苦痛なんだ」と考えてしまいます。

 

「私のことが嫌いになったから?」と問おうものなら「もしかしたら、そうなのかもね」と、思わず貴女のことが好きではなくなったと認めてしまうかもしれません。

 

「別れたいなら何ではっきり言ってくれないの?」と言われてしまったら彼は「ダメみたいだね。もしかしたら時間が解決してくれるかもと思ったのに」と本当の意味での別れを切り出してしまいます。

 

「私のダメなところは直すよ、だからはっきり言って」と貴女に言われれば「何でわからないのかなあ、その質問が今一番されたくないんだよ」と、彼は投げ出してしまいます。

 

「どうしても別れるなら、私が納得出来るように言ってほしい」と彼は言われれば「そんなに俺を悪者にしたいの?こんなときまで面倒なことをさせるつもりなのか」と嘆いてしまいます。

 

いかがですか?驚かれましたか?別れ話になるとき、つい言ってしまいがちなこれらの言葉は、今後の二人の関係をより悪いものへと変えるだけです。

 

彼を傷つけるだけでなく、彼の重荷にしかならないことなのです。

 

もし、彼の気持ちを理解してちゃんと受け止めることが出来ていたなら、こんなことは言わないはず。

 

今慌てている方もいるかもしれませんね、「取り返しのつかないことをしてしまったかもしれない、どうすればいいの」と。

 

けれども、好きだった彼に別れを言われたことで、パニックを起こしてこのようなことを言ってしまうのは仕方のないことです。

 

自分をセーブできずに、暴走してしまうことだってあります。

 

誰でも一度や二度、失敗してしまうことだってあります。

 

でも、その一度や二度くらいならば、取り返すチャンスはあります。

 

何度も何度も繰り返すようなことをしなければいいのです。

 

いったん彼を自由にしてあげましょう、そしてやってしまったことをしっかりと反省してください。

 

まずは踏ん張りましょう、たとえ辛くても、夜自然と涙がこぼれてしまっても。

 

思い出しましょう。

 

半年間我慢するのです。紙にしっかりと半年後の日付は書きましたか?彼に最後に連絡を取った日、そこから半年後の日付です。

 

わずか半年だけの期間です。

 

彼と出会い、お互い好きになって付き合うまでの、貴女が生まれてから10年、20年という長い時間にくらべたら、たった半年なんて短いでしょう?しかも、貴女は彼と連絡を絶つ半年の間、とても多くのことをこなさなければならないのです。

 

油断していたら、あっという間に半年など過ぎてしまうことになります。

 

彼と新しい恋愛関係を築くための貴女の準備期間でもあるこの半年間は、貴女にとって、絶対に長くはない半年間になるでしょう。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法