貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

復縁後にやってしまいがちな過ち

復縁に成功してから1、2か月が経過した頃、「あのときは、ああしてほしかった」「私はこう思っていたから、それをくみ取ってほしかった」と、彼に対して言いたくなってくるものです。

 

復縁をする前では、復縁の妨げになるようなことは避けたいので、もちろんこのような言葉は言わないとは思いますが、言わずに我慢していたことも、復縁したいという願いが叶ってしまった今、我慢することもなくなったと油断をしてつい口に出してしまうこともあるのです。

 

昔のことを蒸し返して「あのときの私の気持ちも理解してほしかった」という思いから言いたくなってしまうのも、今まで我慢してためていた思いを「吐き出してしまいたい」という気持ちからくるのです。

 

しかし、このような行為は、やっとの思いで積み重ねて修繕した傷を、えぐり出してさらに傷を広げてしまうことにしかならないのです。

 

彼と貴女は、以前とは違う二人に変わっています。

 

変わった彼に過去の思いを伝えたところで、せっかくリセットできた関係を壊してしまうのです。

 

昔のことをほじくり返すことが、今の二人にとってプラスになるでしょうか?当時の思いを伝えたとしても、彼からも「俺だってこう思っていたんだよ」と言い返されるだけです。

 

以前の貴女について、彼が何も言ってこないのは「あえて言わない」という、彼なりのやさしさ、思いやりなのです。

 

そんなやさしい彼に、一方的に貴女の気持ちを押しつけて、思いをぶつけて、それが復縁後の二人の関係にプラスになるのでしょうか。

 

そんなことをするよりも、彼が「あえて言わない」と選択してくれたやさしさに気づいて感謝し、貴女もまた、彼と同じように「あえて言わない」という選択をしましょう。

 

貴女の「あえて言わない」やさしい選択に、きっといつか彼も気づいて感謝してくれます。

 

もし彼がそれに気づかなくても、貴女との新しい関係に彼自身居心地が良いと感じてくれるなら、それだけで、十分幸せだと感じませんか?ほとんどの場合自分の感情を暴走させることによって、物事はマイナスにしか向かないということを、これまで何度も繰り返し説明してきました。

 

二人の関係を安定させるためにも、自分の感情をある程度コントロールできるようにすることが大切なのです。

 

自分の感情をコントロールするというのは、自分の感情を押さえ込むということではなく、「相手を傷つけないように気をつけながら、適度に感情をはき出す」「相手の気持ちを考えて、いくら自分が怒っていてもある程度言葉を選んでから口に出す」というように、貴女自身の感情で考えずに、彼の感情を中心にして考えるということです。

 

これは、すでに貴女は待っている半年の間に学んできていることです。

 

貴女は、二人で幸せにすごしてくために大切なことを、あの半年間で学び実践してきています。

 

それはとても大切なことですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法