貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

注意!えっち友への道

さて、ここからが肝心です。よく読んで理解しておかなければならないことがあります。

 

復縁するとき、えっち友になってしまうことがいちばん注意しなければならないことです。

 

男性の中には、女性が復縁に持ち込もうとしたとき、罪悪感を感じることなく簡単に元カノをえっち友にしてしまう人がいるのです。

 

誰だって、平気でこういうことをする男性は好きになれないでしょうが、残念ながら大半の男性にそういう傾向があるのも事実です。

 

しない男性は、理性で自分を抑えているだけであって、本能で動いているわけではないのです。

 

ここで問題なのは、恋愛というのは本能を主体にして行うものだということです。

 

復縁しやすい男性は本能的な行動をとる人が多いですが、その反面えっち友を作る男性もまた本能的な行動をとる人が多いのです。

 

男性の心理を見ていきながら、えっち友してしまうパターンを挙げてみましょう。

 

もともと男性は、これまでつきあってきた女性に好意を抱いているものです。

 

たとえば、過去5人の女性とつきあった男性は、5人すべての女性を大切だと思っています。

 

女性は別れた恋人を嫌いになる傾向がありますが、男性にはその傾向がかなり少ないのです。

 

相手が男性の場合復縁しやすいというのは、こういう理由があるからです。

 

ですが一方では、女性側が復縁を望んでいる場合、男性のこの性質のせいで、えっち友になってしまうことも少なからずあります。

 

復縁するための初めてのデートで、貴女は久しぶりに会った彼へ懐かしさを感じ、愛情で心がいっぱいになってしまうでしょう。

 

彼もまた、久しぶりに会った貴女を見て懐かしさを感じ、当時貴女に向けていた愛情を思い出すでしょう。

 

そこから自然とお互いを求めるようになります。

 

もともとはつきあっていた者同士なので、関係を持ったことがあるために抵抗もないはずです。

 

その結果、体の関係だけの将来の見えないえっち友という形になってしまいます。

 

「一度のデートで体の関係を持ったからと言っても、すぐするわけではないんじゃ?」そう疑問を持つ人もいるかと思います。

 

ですが、彼がまだ貴女とつきあいたいと思っていないときに体の関係を持ってしまうと、その時点で単なる体だけの関係に成り下がってしまうのです。

 

そうならないためにも、体の関係を持つタイミングというのがとても重要なのです。

 

前に、つきあうまでの男性は女性を手に入れようと必死にアプローチしますが、つきあってからはその感情が下がるということを説明しましたね。

 

これは体の関係を持つまでと持った後の場合も同様で、男性は、女性を手に入れたと思うと気持ちが下がります。

 

しかも、体を手に入れたときの方が気持ちの下がり方が強く出るのです。

 

つまり、体を手に入れた後に彼の気持ちが急激に下がってしまっても大丈夫なくらいまで、彼の愛情を蓄積させておかなければならないのです。

 

そこまでの愛情を、たった1日のデートで蓄積できるでしょうか?まず無理ですよね。

 

復縁の場合でもそうでなくても同じです。

 

たとえ体の関係を持ったことで彼の気持ちが冷めてしまっても、それでも大丈夫な程度まで彼の愛情を蓄積させておくのです。

 

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?それは、彼と何度も会うことで、彼の時間やお金を貴女に投資してもらうことなのです。

 

男性は、「この女性には価値がある」と投資した分だけ考えるようになります。

 

そうすると、体の関係を持った後で愛情が下がったとしても、愛情が0になることはありません。

 

たとえば、「変な形の石を探しに行こう」という目的を持って丸1日かけて探して見つけた石と、散歩に行ってちょっと変わった形の石を偶然見つけて拾ってきただけの石、どちらの価値が高いと感じますか?同じ河原の石でも、前者の石の方が価値が高いと感じるでしょう。このように人間は、努力をして費やした分だけ、そのものに価値があると感じるのです。

 

だから、彼には再びつきあうまで、努力をしてもらいましょう。

 

先程も説明しましたが、一度体の関係を持ってしまうと、彼の気持ちは下がってしまいます。

 

彼に「つきあいたい」と言わせたいのなら、愛情が落ちてからではかなり難しくなってしまいます。

 

そうならないためにも、まず先に「もう一度つきあってください」と彼に言わせなければなりません。

 

体の関係を持ってからでは遅いのです。

 

彼は「つきあいたい」という言葉を口にすることで、「彼女をもう一度幸せにしてあげたい」と彼の中で決意するでしょう。

 

彼に決意させる前に体の関係を持つと、彼の中でも貴女の中でも二人の関係があいまいになり、結果彼にとって貴女は都合のよい女性になってしまいます。

 

また、女性の感情ではなく本能の部分が彼を求め、女性側から男性にえっち友の関係になろうとする場合も少なからずあるのです。

 

やっと、半年間我慢していた彼に会えたことで、今までの寂しかった気持ちがあふれて、久しぶりの彼の魅力に魅入られて、彼に抱きしめてほしいと思うようになる。

 

抱きしめてもらうと、それだけじゃ足りなくなって、もっと強く、もっとそばに……とさらに彼を求めるようになる。

 

自分で自分を抑えることができなくなって、欲望のままに彼を求めて、体の関係を持ってしまう。

 

抱きしめられることで、ダメだと理性ではわかっているのに、抑えきれずに本能のままに動いてしまうことが多くあるのです。

 

そうならないためにも、自分の中で「どこまで許すか」という彼との線引きをしておかなければなりません。

 

そして、その決めた線引きを必ず守ってください。

 

たとえば、「キスや抱きしめられること、手をつなぐなど体が接触することは全部ダメ」「ただし、3回会った後でなら手はつないでもよい」というように、自分で「今日のデートではここまでならOK」とあらかじめ決めておくのです。

 

自分で決めたラインを彼が越えそうになったら、「ちょっと待って、まだダメだよ」と言ってやんわりと断れば、彼も貴女に避けられたとは思いません。

 

反対に、彼は「まだダメだけど、いつかはOKなんだ」と思い、さらに燃えるはずです。

 

線引きの重要性をしっかり考えておきましょう。

 

もし線引きができていないとどうなるでしょうか。

 

頭をなでられた…ここまでならまだセーフです。

 

しかし、そのまま肩を抱かれ、キスをされて、抱きしめられた…こうなってしまうと、抵抗したくても理性が薄れて流れに身を任せてしまうでしょう。

 

線引きをしていないことで、こんなはずではと思うところまでいってしまうのです。

 

まず、取り返しのつかない失敗をすることのないように、デート前に「理性」をもってどこでやめるか、それをしっかり決めておくことが重要です。

 

つきあうまでのデートはとても大事な場です。

 

だから、「理性」を失わないように臨んでいきましょう。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法