貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

彼からメールが来ました「半年我慢しようとしていたのですが、彼からメールが来ました。どのように対応したらよいでしょう?」

彼からメールが来ました「半年我慢しようとしていたのですが、彼からメールが来ました。どのように対応したらよいでしょう?」

これは彼からのメールの内容によって変わります。

 

もし、「元気にしてる?」といった貴女の機嫌を伺うようなメールなら、またとない機会です。

 

しかしすぐに返事をしないでください。

 

だいたい半日から1日くらい間を置いてから返事を出すほうがよいでしょう。

 

彼がこのメールを貴女に送ったとき、とてもドキドキしていたはずです。

 

そのドキドキを少しでも長く味わってもらうために、返事に時間をかけてみましょう。

 

返信するときも、大喜びで返信するのではなく、「元気だよ!そっちはどう?」のように、彼に軽く話題を振ってみましょう。

 

振った話題にうまく乗り、返事がきてメールのやりとりがちゃんとできていれば、彼と連絡を絶って我慢することを決めた半年を過ぎていなくても、彼と連絡を取っても大丈夫です。

 

というのも、彼が貴女より、「貴女がいない状態」に耐えられなくなってきたからなのです。

 

ちなみに、男性はさも「気軽に送った」と見せかけたいために、ご機嫌伺いのメールを送るときは比較的短い文面にすることが多いです。

 

ごくまれに長文メールを送ってくる男性もいますが、そういう人は短い文面を送ってくる男性よりも、貴女とよりを戻したいと強く願っているのです。

 

しかし、彼への気持ちがあふれていることを悟られないようにするために、たとえ長い文章でメールが送られてきたとしても、貴女は短い文章で返事を書いてください。

 

彼の長い文章のメールに対し、貴女が短い文章で返事をすることによって、彼が「自分が貴女を求めている」ということを再認識させるのです。

 

そういう演出が大事なのです。

 

彼とやりとりするメールは、元気で楽しい内容にしてください。

 

彼に貴女とメールすることが楽しいと思わせることができれば、彼は気軽にメールを送ってくるようになり、結果彼との最高の状態を築けるのです。

 

彼からのご機嫌伺いのメールは、復縁の大チャンスです。

 

このチャンスを逃さないようにしましょう。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法