貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

やってしまいがちなこと「彼から別れ話を切り出されてしまいました。私はどうしても復縁したいと思っています。注意すべきことって何でしょうか?」

やってしまいがちなこと「彼から別れ話を切り出されてしまいました。私はどうしても復縁したいと思っています。注意すべきことって何でしょうか?」

人は追いつめられると、パニックを起こして感情のままに突っ走ってしまうことが多々あります。

 

これは、彼から別れようと言われたときにも同じようなことが起こります。

 

たとえば、「別れたくない。どうしても別れるなら、理由だけでも教えて」などと送ったとします。

 

しかし、彼から返事が来ないので、「何で返事くれないの?あなたっていつも私のことなんて考えないで、都合が悪くなると無視。別れるときにも同じことをするの?」と送ってしまいます。

 

それでも来ないのでさらに「男なんだから、最後くらいちゃんと言ってよ」そのうち、自棄になって……「もうどうでもいいや。私もあなたのこと嫌いになったし、もういいよ」でも、送った後で途端に後悔して……「さっきのは嘘だから。ごめんなさい、お願いだから、最後にせめて1回だけでもいいから話をさせてほしい。」こういうパターンになった人もいるのではないでしょうか。

 

心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

 

たくさんの感情があふれだして、それを抑えきれずに彼にそのままぶつけてしまってはいませんか。

 

このように感情の起伏を彼に見せてしまうことが、いちばんよくないことなのです。

 

こんなことをしたところで、彼の気持ちは戻ってきません。

 

そればかりか、余計に貴女を避けてしまうことになるのです。

 

彼ともう一度つきあうことが、貴女がいちばん望んでいることです。

 

今彼にこのようなことをして幻滅されてしまっては、復縁は程遠いものになってしまいます。

 

ですから、そうならないために自分の感情を抑え、コントロールしなくてはならないのです。

 

急に別れを告げられて、自分の気持ちをうまくコントロールできないのも仕方のないことだと思います。

 

しかし、気持ちをコントロールできないからといって、そのまま彼にぶつけてしまうことは、復縁したいと願う貴女にとってマイナスにしかなりませんので避けましょう。

 

また、「失敗した!」と思っても、フォローするようなことはしないように注意してください。

 

フォローしたところで、それはマイナスの印象にしかなりません。

 

「今」失敗を取り戻すのではありません。「未来」で取り戻すのです。

 

こう考えてください。

 

復縁をすることが、一番大事なことなのです。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法