貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

「半年待つ」ことについての考察

復縁をするための時間が、3か月でも、1年でもなく、なぜ半年なのか。

 

そんな疑問を感じている人も中にはいるでしょう。

 

確かに、復縁するために開ける時間を、「3か月経てば大丈夫」という話や、「最低でも1年以上は時間を空けなければならない」という話もなかにはあります。

 

しかし、一般的には「半年」がベストだと言われています。

 

これにはどんな理由があるのでしょうか。

 

彼との復縁成功の確率を上げるためには、ある程度の時間待たなければならないと説明してきました。

 

まず、3か月後ですが、実はここで最初のチャンスが訪れています。

 

別れた直後の復縁成功の確率が0%だとすると、3か月後には30%くらいまで上昇しているのです。

 

これは、3か月くらい経つ頃に、男性が少し寂しいと感じてくることが理由です。

 

確かに復縁成功の確率は別れた直後より上昇はしていますが、このときに復縁しようと行動することは勧められません。

 

何故かというと、3か月の期間では、彼の中での貴女に対するイヤな気持ちや思い出が、まだ消えていないからです。

 

この記憶は時間が経つにつれ消えていきますので、復縁の可能性を上げるためにはもう少し、彼の中の記憶がほとんど消えてなくなるまで待ってみてください。

 

半年経つと復縁成功の確率はぐんと上がり、3か月で30%くらいだったのが、半年後には約3倍近くの80%まで上昇します。

 

ここまで聞くと、じゃあ半年経過後から復縁の成功の確率がさらに上がるのでは、と思われるでしょうが、実はあまり上がらないのです。

 

もう何度も説明しているのでご存じでしょうが、半年経つと男性は嫌だった思い出をほとんど忘れてしまっています。

 

なので、半年経ってしまえばイヤな記憶も薄くなるので、それ以降はイヤな記憶が0である状態からスタートします。

 

だから状況はさほど変わらないのです。

 

当然、半年の時点で復縁しようとするよりも、1年待てばさらに復縁成功の確率は上昇します。

 

しかし上昇といっても、その差は微々たるものなのです。

 

だったら、倍の時間我慢して待つよりも、半年の方がいいですよね。

 

以上を踏まえると、復縁するために空ける時間でベストなのは「半年」だということが分かります。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法