貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

反省フェーズ2.自分が悪かったところを理解して、反省する|本当の反省をしましょう

別れた原因を冷静になって振り返って考えてみると、今まで見えてこなかったことが見えてくるようになります。

 

掘り返して考えてみると、自分の心に問題があったことも含め、表面上の理由だけでなく本当の原因がはっきりしてくるのです。

 

そうして別れの本当の原因を見つけ出し、しっかり対処法を考えることで、再び彼とつきあったときに同じ別れを繰り返さないようにするのです。

 

そのために、しっかりと反省していきましょう。

 

自分が悪かった部分を追及することで、自然に今までのことを反省できるようになります。

 

「私はどうしてあんなことをしてしまったんだろう」「嫌われるのも仕方ないよね、それだけのことをしちゃったんだもの」「彼に謝りたい。ごめんなさいって言いたい」反省していくと、こんなことを思うようになってきます。

 

でも一度落ち着いてください。ここで注意しなければならないことがあります。

 

いくら謝りたいからといっても、彼に連絡をとるようなことはしてはいけません。

 

今、彼に謝ったところで状況は良くなるどころか悪化の道をたどるだけです。

 

ここで謝ったところで、それは「自己満足」に過ぎません。

 

何故、今彼に謝ってはいけないのでしょうか。

 

それは、彼が今貴女と距離を置きたいと思っているからです。

 

ですが、彼は「現在」貴女の距離を置きたいと望んでいるだけですので、生涯にわたって距離を置きたいと思っているわけではありません。

 

彼に謝りたいという気持ち、彼にしてしまったことを後悔する気持ちは、とても大切なものです。

 

貴女の気持ちがとても純粋だから、そう思えてくるのです。

 

その純粋な気持ちがある貴女なら、もっともっと素敵な女性になることができるでしょう。

 

しかし、その純粋さを生かすのは今この場面ではないのです。

 

相手が謝罪を求めているときこそ、「謝罪」の効果は発揮されるものです。

 

ですが、相手が望んでいないときにいくら謝罪をしても、何の意味も成さないのです。

 

彼に今謝ってはいけないのはこういう理由があるためです。

 

彼への謝罪の気持ちを捨てろというわけではないので、間違えないでください。

 

ただ、今は自分自身のおこないを反省する時期であって、彼へ謝罪するタイミングではないだけなのです。

 

謝罪をするタイミングというのはとても重要で、もしこのタイミングを誤ってしまうと、謝罪しても謝罪の気持ちが彼にまったく伝わらなくなってしまいます。

 

タイミングを間違えて、反省しなくてはならないタイミングで彼に連絡を取って謝罪してしまい、復縁することができなかった人はたくさんいるのです。

 

今までのことを後悔して、すぐ彼に謝罪のメールを送った。

 

そのメールを見た彼の頭の中に、思い出したくなかった過去のイヤな記憶が蘇ります。

 

それを引き金にして貴女との暗い過去を次々と思い出してしまうことになり、貴女への負の感情が膨らみ、不仲な関係がより一層強まってしまうのです。

 

貴女が本当にやりたいことは何でしたか?彼へ謝罪することですか?彼と復縁することですか?もちろん、彼と復縁することでしたよね。

 

貴女が彼に謝りたい気持ちも理解できますが、今彼に謝罪するのは待ってください。

 

「私、なんてことをしてしまったんだろう」と反省する気持ちは大切なことです。

 

ですが、ここは我慢して、謝罪できる日が来るまで待ちましょう。

 

彼に謝ることができる日は必ず訪れますので、それまで頑張りましょう。

 

彼に謝るのは、また彼とつきあうことになったときです。

 

次につきあったとき、時間をおいたあとで彼に謝罪しても何の問題もないのです。

 

そのときの彼の気持ちは、貴女ともっと距離を縮めたい、貴女と長くつきあっていきたい、という思いでいっぱいになっているからです。謝罪するそのときまで、「謝りたい」という今の気持ちは大事にとっておきましょう。

 

その気持ちは神様からの大切なプレゼントなのです、大事にしていってください。

 

この気持ちを大切にすることができていれば、次に彼に会ったとき、次に彼とつきあったときには、きっとうまくいくはずですから。

 

このとき抱いた謙虚な気持ち、次こそうまくいくようにしていこうという気持ちが薄れてしまうことになりかねないので、今衝動のままに謝ってスッキリしないようにしてください。

 

神様からの大切なプレゼントとは、貴女の謝りたいという気持ちが薄れないように、その気持ちを長く長く維持するように、という試練のことなのです。

 

貴女が彼に本当の謝罪ができる日が来るまで、今の気持ちを大事に大事にしまっておいてください。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法