貴女ならきっと大丈夫です。復縁に成功した方は沢山います



  

趣味に打ち込む

趣味に打ち込むと、「集中できる」という利点があります。

 

「相手に自分のことを考えさせる」ことが、恋愛を成功に導く方法であると言われています。

 

人を好きになることは、誰かのことを考えて意識していくことから発展していきます。

 

それが好みのタイプであれば、更に恋愛に発展しやすくなっていきます。

 

今の貴女はとても危険な状態です。

 

何故なら、彼のことばかりを考え続け、彼を好きになりすぎて、彼の存在に振り回されているからです。

 

貴女が彼のことをものすごく好きでも、彼は残念ながら貴女のことを今はさほど好きとは思っていません。

 

ちょっとした弾みで、貴女の「好き」という気持ちを彼に押し付けてしまいかねない状態になっています。

 

彼とはつきあっていないのに、「何で私のことをちゃんと見てくれないの?」とか「そんなに私のことが嫌いになったの?」などといった気持ちを彼にぶつけようとしていませんか。

 

愛情の釣り合いがとれていないのに、このようなことは言ってはいけません。

 

気持ちの差があるので、何を言っても彼は貴女を「重い」「一方的だ」「俺の気持ちは無視している」としか思わないのです。

 

もし彼にそう思われてしまった場合、復縁が不可能になってしまうかもしれません。

 

このような事態を回避するためには、彼のことを考えないようにすることが大切です。

 

彼のことを考えないようにする時間を作り、それが出来たらその時間を少しずつ増やしていきます。

 

そうしてその時間を増やしていくことで、徐々に彼への依存心を減らすことが出来ます。

 

彼のことを考えない時間を作るには、「趣味に打ち込む」ことが最適な方法なのです。

 

自分の好きなことや得意なことをするとき、人は雑念なくそのことだけに集中します。

 

夢中になればなるほど、他のことを考えなくなるようになり、自然と彼のことを考える時間が減っていくのです。

 

彼のことを考えない時間が増えていけば、彼への依存心を減らすことが出来るようになります。

 

そのためにも、この半年間は趣味に打ち込む時間を増やすように意識していきましょう。

 

ただ趣味に打ち込むだけではなく、たとえば、趣味が読書の場合「1週間に最低5冊は本を読む」とか、テニスの場合「必ず週末にテニスをするために3時間くらい出かける」のように、目指す目標があればそれだけ趣味に打ち込めるようになります。

 

彼について考える時間を減らすために、自分磨きの時間とうまく組み合わせておこないましょう。

 

彼のことを考えるだけで毎晩涙が出ていたのに、だんだん泣く回数が減ってきた。

 

彼のことを考える時間が減ってきた。

 

それは貴女がずい分成長したという証拠です。

 

彼への依存心が減ってきているのです。

 

少しずつでいいですからこのまま依存心を減らしていき、半年経つまでに、彼に会っても平静を保てる貴女を作っていきましょう。

 

とは言え、大好きな彼に会えば落ち着いてなどいられないですよね。

 

ですが、そこで平静を保ち、相手に依存心を気づかれないように努力しなければならないのです。

 

彼と再会したとき、貴女の依存心を気づかれなければ、「俺の知らない間にずいぶんしっかりした女性になったんだな」と見直してくれるでしょう。

 

それだけでなく、「今の彼女となら、もしかしたらうまく付き合っていけるかもしれない」と思うようになるのです。

 

彼を好きでいることに問題はありません。

 

ですが、彼を惹き付けたいと思うのなら、彼に引きずられないようにするという心を持つようにしましょう。

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法